メニュー

過敏性腸症候群

過敏性腸症候群とは?

過敏性腸症候群は、主として大腸の運動および分泌機能の異常で起こる病気の総称です。

検査を行っても炎症や潰瘍といった器質的疾患が認められないにもかかわらず、下痢や便秘、腹痛などによる下腹部の張りなどの症状が起こります。

原因については、ストレスやアルコールの摂取過多、生活の乱れによって、腸の運動を司る自律神経に異常きたすためと言われています。

過敏性腸症候群の症状

症状の現れ方によって、便秘型、下痢型、混合型、分類不能型の4つに分けられます。排便により、しばらくは症状が軽くなりますが、またぶり返すことが多くあります。

便秘型

主に便秘の症状を引き起こします。

下痢型

少しでもストレスや不安を感じると下痢を引き起こします。

混合型

腹痛および腹部の違和感、下痢と便秘が複数日間隔で交互に現れます(交代性便通異常)。

分類不能型

上記にいずれも満たさない。

過敏性腸症候群の診断基準(ローマⅢ基準)

最近3ヵ月の間に、月に3日以上にわたってお腹の痛みや不快感が繰り返し起こり、
下記の2項目以上の特徴を示す
1)排便によって症状がやわらぐ
2)症状とともに排便の回数が変わる(増えたり減ったりする)
3)症状とともに便の形状(外観)が変わる(柔らかくなったり硬くなったりする)

検査

  • 血液検査、尿・便検査:甲状腺機能異常症などの内分泌疾患や糖尿病性神経障害、寄生虫疾患などを除外します。
  • 大腸内視鏡検査:大腸がんなどの悪性疾患や炎症性腸疾患などがないかを調べる必要があります。
  • 腹部超音波検査

治療

ストレスや生活の乱れによって起こることが多くありますので、まずは、生活習慣の改善指導をおこないます。最近では、薬物による治療についても効果の高いものが出てきましたので、投薬による治療も行います。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME