メニュー

肝炎

肝臓肝炎

肝炎は、肝臓に炎症がおこり、発熱や黄疸、全身の倦怠感等の症状をきたす病気です。

日本では約8割の肝炎がウイルス性と言われています。感染経路については、経口感染、血液感染、性行為感染等様々で、ウイルスの型(A型、B型、C型、E型)によって主なルートに違いがあります。

肝炎が重症化すると、肝硬変や肝臓がんといった深刻な症状になる場合があります。早めの検査による治療で、治療することができますので、当院にご相談ください。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME