メニュー

帯状疱疹・帯状疱疹後神経痛の治療

帯状疱疹について

帯状疱疹とは、ウイルス性の皮膚炎で、赤い発疹と水ぶくれができ、痛みをともなうのが特徴です。

ウイルス性であるので、皮膚と皮膚の接触感染に注意が必要です。

帯状疱疹(ヘルペス)

帯状疱疹の治療

抗ウイルス薬による内服治療をおこないます。また抗ウイルス薬の外用薬もあります。しかし、ウイルスの増殖を抑制するものであり、症状を緩和する効果のための投薬となります。早ければ1週間ほどで治癒しますが、治癒後も疼痛が持続し難治性になる場合もありますので、早めに川田クリニックへご相談下さい。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME