メニュー

急性虫垂炎

疫学

  • 一生の間に約7%の人が罹患する
  • 発症は10~30歳が中心
  • 60歳以下の急性腹症の25%は急性虫垂炎(60歳以上では4%)。小児の腹痛の2.3%は急性虫垂炎。小児の急性腹症の32%は急性虫垂炎。
  • 死亡率は1%以下(高齢者では5~15%)
  • 穿孔率は17~40%(高齢者では60~70%)
  • 穿孔を起こした虫垂炎では死亡率7%、合併症発生率10~40%
  • 正常虫垂切除率:15~35%くらい(若年女性ではPIDの誤診が多く45%)
  • 術後合併症発生率:5~10%

症状

  • 発熱
  • 右下腹部痛
  • 痛みの移動(みぞおち→右下腹部)
  • 食欲不振
  • 嘔気・嘔吐

身体所見

  • 発熱
  • 右下腹部の圧痛(McBurneyの圧痛)
  • 筋性防御(guarding)
  • 反跳痛
  • 閉鎖筋徴候(Obturator sign)
  • 腸腰筋徴候(Psoas sign)
  • Rovsing徴候
  • Rosenstein徴候
  • 直腸圧痛

検査・画像診断

  • 血液検査(血算、生化学):白血球上昇、CRP上昇
  • 尿検査
  • 腹部レントゲン
  • 腹部超音波
  • CT 検査

治療

  • 虫垂切除術
  • 抗生剤治療
▲ ページのトップに戻る

Close

HOME