メニュー

小児科

子どもの急な病気に対応し、子どもを持つ働く人をサポートします

 

泣いている赤ちゃんと電話をするお母さんのイラスト

一般的なお子様の病気・病状について(一般小児科)

当院では、急な発熱、頭が痛い、目が赤い(結膜炎)、耳が痛い(中耳炎)、鼻水・鼻づまり、鼻出血、のど・口の中が痛い、かすれ声(嗄声)、咳(せき)、喘鳴・呼吸困難、胸が痛い、お腹が痛い、嘔吐、下痢、血便、便秘、頻尿・排尿痛、夜尿、血尿・タンパク尿、むくみ(浮腫)、ひきつけ(痙攣)、黄疸、貧血、紫斑・出血傾向、アトピー、じんましん、肌のかぶれ、皮膚トラブル、リンパ節腫脹などの症状や、以下の多岐にわたる小児科一般の病気を診断・治療しています。

呼吸器疾患

かぜ症候群、インフルエンザ、急性喉頭炎(クループ症候群)、気管支炎、肺炎、急性細気管支炎、気管支喘息(ぜんそく)、喘息性気管支炎、など

眼科疾患

結膜炎・めやに、麦粒腫・霰粒腫など

耳鼻科疾患

急性扁桃炎、急性中耳炎、外耳道炎、鼻炎・副鼻腔炎、アレルギー性鼻炎など

感染性疾患

尿路感染症、亀頭包皮炎、外陰膣炎、水痘、麻疹、風疹、おたふくかぜ(流行性耳下腺炎)、伝染性紅斑、突発性発疹、手足口病、ヘルパンギーナ、ヘルペス口内炎、プール熱(咽頭結膜熱)、百日咳、溶連菌性咽頭炎など

消化器疾患

鵞口瘡(口腔内カンジダ症)、感染性胃腸炎、便秘、自家中毒(周期性嘔吐症)、蟯虫症など

アレルギー

気管支喘息、食物アレルギー、アトピー性皮膚炎、蕁麻疹(じんましん)、花粉症、アレルギー性鼻炎など

皮膚疾患

乳児湿疹・乳児性脂漏性湿疹、おむつかぶれ、カンジダ性皮膚炎、あせも、とびひ(伝染性膿痂疹)、アトピー性皮膚炎、蕁麻疹(じんましん)、虫刺され、やけど、しもやけ、にきび(痤瘡)、水いぼ(伝染性軟属腫)、犬咬傷、しらみ(アタマジラミ)、接触性皮膚炎など

その他(慢性疾患など)

鉄欠乏性貧血、便秘、肥満、夜尿(おねしょ)、乗り物酔い、起立性調節障害など

小児科専門医が常駐しているわけではありません。総合診療医が診療を行います。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME