メニュー

小児の嘔吐

小児の嘔吐の原因

  新生児〜乳児 乳児〜幼児 幼児〜学童
比較的よくある消化器疾患

・初期嘔吐
・空気嚥下
・胃食道逆流症

・摂食過多
・空気嚥下
・急性胃腸炎
・便秘
・肥厚性幽門狭窄症
・食事アレルギー
・腸重積
・胃食道逆流症
・急性胃腸炎
・急性虫垂炎
・腹部外傷
・腸重積症
・食事アレルギー
・急性肝炎
まれな消化器疾患

・食道閉鎖
・胃軸捻転
・先天性腸管異常(十二指腸閉鎖・小腸閉鎖)
・腸回転異常症
・Hirschsprung病

・腸回転異常症
・Hirschsprung病
・急性虫垂炎/腹膜炎

・膵炎/膵嚢胞
・腫瘍
消化器以外の疾患 ・先天性代謝異常
・中枢神経異常(水頭症など)
・敗血症
・髄膜炎
・尿路感染症

・中枢神経疾患(髄膜炎、脳炎・脳症など)
・薬物中毒
・誤飲
・心疾患
・尿路感染症
・Reye症候群

・周期性嘔吐症
・ケトン血性嘔吐症
・腫瘍
・心筋炎/心筋症
・薬物中毒
・卵巣嚢腫
・脳腫瘍
・頭部外傷

検査

  • 腹部レントゲン検査:腸閉塞などの診断に役に立つ
  • 腹部超音波検査:腸重積、肥厚性幽門狭窄症、急性虫垂炎などの診断に役に立つ
  • 採血検査(白血球数、CRP、電解質、腎機能):炎症反応や脱水の指標に役立つ
  • 尿検査・尿沈渣:ケトン体陽性の場合周期性嘔吐症などの可能性がある

治療

  • 制吐剤などによる対症療法
  • 点滴:脱水の所見がある場合

お気軽にご相談下さい

いろいろな原因で嘔吐が起こります。嘔吐を繰り返す場合、顔色が悪くてぐったりしている場合、頭痛を訴える場合、高熱がある場合、血液を吐く場合、ご家族がいつもと様子が違うと感じる場合には、受診をおすすめ致します。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME