メニュー

吐血

概念

消化管から出血した血液が口から排出されること。

病態

吐血は通常、十二指腸より口側の出血で生じる。大量出血の場合にはショック状態になる場合もある。少量の場合は血液が胃酸にさらされて黒く変化し、コーヒー残渣様になる場合もある。

疾患

急性胃粘膜病変(AGML)、胃・十二指腸潰瘍、食道静脈瘤破裂、Mallory-Weiss症候群など

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME