メニュー

不整脈の診断・治療

不整脈とは?

不整脈とは、心拍数や心臓の鼓動のリズムが一定でない状態の事を言います。
不整脈の影には心筋梗塞、心筋症、弁膜症などの原因が隠れていることもあります。また突然死の原因となる不整脈もあります。
不整脈の症状としては、動悸、めまい、失神、胸部違和感、息切れ、胸痛がありますが、症状が出ない場合もあります。

不整脈の種類

  • 心室性期外収縮、心房性期外収縮

  • 洞不全症候群

  • 房室ブロック

  • 右脚ブロック、左脚ブロック

  • WPW症候群

  • 発作性上室性頻拍

  • 心房細動、心房粗動

不整脈の診断

まずは、心電図等を用いた検査から不整脈の診断をいたします。

不整脈の治療

治療は抗不整脈薬など、投薬によって、不整脈を抑えたり、脈拍をコントロールしたりする治療が一般的です。その他、ペースメーカーや植え込み型除細動器 を導入したり、カテーテルで治療(カテーテルアブレーション)する場合もあります。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME